ここでは、2022年8月に実施した「フィールドワークⅠC」(深瀬浩三特任准教授担当)の様子を紹介します。
当フィールドワークでは、「農山漁村地域における経済活動」を大きなテーマに、長崎県の壱岐島(壱岐市)を研究対象地域に、観光業(神社ツーリズム)、水産業(海女漁)、商業(朝市)をテーマにグループ調査を実施しました。また、全体巡検では、島内をぐるりと回りながら、景観観察や焼酎工場の見学を行いました。

fukase_fw_01 fukase_fw_02 fukase_fw_03 fukase_fw_04 fukase_fw_05 fukase_fw_06

写真1(左上)        壱岐のフェリー乗り場(夏休みは海水浴客が多く訪れる)
写真2・3(右上・左中) 焼酎工場を見学(壱岐は麦焼酎発祥の地)
写真4・5(右中・左下) 勝本町の朝市会場(近年は出店者の数が減少している)
写真6(右下)       神社の調査(島内には100以上の神社がある)