教員紹介

  • 研究テーマ
    (1)都市再生 (2)ヨーロッパでの地域変容に関わる都市政策
    主な担当科目
    (1)ヨーロッパ・アフリカ地誌 (2)都市のアメニティ (3)都市地理学 (4)地理学セミナーⅠ・II・III・IV (5)フィールドワークⅠ・Ⅱ (6)卒業研究
    学会活動
    所属学会
    (1)日本地理学会 (2)人文地理学会 (3)経済地理学会 (4)都市住宅学会(5)日本都市計画学会 (6)歴史地理学会 (7)立正地理学会 (8)地理空間学会
    主な役職等
    (1)地理空間学会評議委員
    社会的活動
    (1)熊谷市景観審議会委員
    最終学歴
    筑波大学大学院博士課程地球科学研究科
    学位
    博士(理学)
    教員からのメッセージ
    大学での学びは、広くて、深いです。
    地理学の中でも人文地理学分野、とくに都市空間を巡る学びの旅へ、一緒に出かけてみませんか?

    教員情報

  • 研究テーマ
    都市-村落関係論
    主な担当科目
    (1)地理学セミナーⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ (2)フィールドワークⅠ・Ⅱ (3)卒業研究
    学会活動
    ●所属学会
    (1)歴史地理学会 (2)人文地理学会 (3)日本地理学会 (4)立正地理学会 (5)埼玉地理学会 (6)地理空間学会
    ●主な役職等
    (1)歴史地理学会常任委員
    最終学歴
    筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科
    学位
    博士(文学)
    教員からのメッセージ
    現在みられる地域の特徴-人・社会・自然-は、いつ、どのようにして形成されたのか。
    それを知る手がかりは「歴史地理学」が示してくれます。
    時間と空間の両軸思考・・・とても魅力的な学問領域です。

    教員情報

  • 研究テーマ
    (1)アジアにおける経済成長に伴う空間構造の変化に関する研究 (2)国際コミュニケーションに関する研究
    主な担当科目
    (1)実践英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ (2)フィールドワークⅠ (3)地域研究 (4)地域調査法
    学会活動
    ●所属学会
    (1)日本地理学会 (2)人文地理学会 (3)経済地理学会 (4)日本国際地域開発学会 (5)地理空間学会
    最終学歴
    筑波大学大学院博士課程地球科学研究科
    学位
    博士(理学)
    教員からのメッセージ
    地理学は地域をみる力を養うと同時に、予測不能なこの時代で諸問題を解決に導き、自らの生き抜く力も身につく学問です。
    ぜひ地理学科で人間力を向上させてください。

    教員情報

  • 研究テーマ
    (1)地域資源を活かしたまちづくり
    主な担当科目
    (1)地理学セミナーⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ (2)フィールドワークⅡ (3)卒業研究 (4)観光地理学
    学会活動
    ●所属学会
    (1)立正地理学会 (2)日本都市学会 (3)日本地理学会 (4)日本都市計画学会
    最終学歴
    立正大学大学院文学研究科博士後期課程
    学位
    博士(地理学)
    教員からのメッセージ
    大学在学中は近代企業財務論のゼミに属しながら文学書を読みあさり、映画館通いの毎日でした。卒業後は銀行員、今では地理学を教える大学教員です。
    確実な将来なんてありもしない。ならば、好きな地理に打ち込んでください。

    教員情報

  • 研究テーマ
    (1)山地における水文地形学的研究 (2)洪水流量のスケーリングに関する研究
    主な担当科目
    (1)地理学セミナーⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ (2)フィールドワークⅠ・Ⅱ (3)卒業研究 (4)水文学 (5)地形学
    学会活動
    ●所属学会
    (1)日本地理学会 (2)日本地形学連合 (3)水文・水資源学会 (4)日本水文科学会 (5)東京地学協会 (6)American Geophysical Union (7)砂防学会 (8)土木学会 (9)立正地理学会
    最終学歴
    東京都立大学大学院理学研究科博士後期課程
    学位
    博士(理学)
    教員からのメッセージ
    学生の皆さんには、躊躇せずあらゆることに挑戦してほしいです。
    勇気をもって踏み出した「一歩」は必ず力になります。
    「一歩」を積み重ねることで、学問の深淵を肌で感じることを許されることでしょう。

    教員情報

  • 研究テーマ
    (1)山地河川における土砂移動と河谷地形の形成プロセスの比較研究(日本、ヨーロッパ、フィジー、ニューカレドニア、ウズベキスタン) (2)上高地における自然史研究 (3)屋久島における地形研究
    主な担当科目
    (1)地理学セミナーⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ (2)フィールドワークⅡ (3)卒業研究 (4)自然地理学概論 (5)地域の自然誌
    学会活動
    ●所属学会
    (1)日本地理学会 (2)日本地形学連合 (3)砂防学会 (4)日本地球惑星科学連合 (5)立正地理学会
    ●主な役職等
    (1)日本地形学連合委員・編集主幹 (2)地球惑星科学連合代議員・地球人間圏科学セクションボードメンバー (3)立正地理学会常任委員長
    社会的活動
    (1)国土地理院研究評価委員会委員 (2)日本学術会議IGU分科会IAG小委員会委員 (3)埼玉県立熊谷高等学校SSH運営指導委員会委員
    最終学歴
    東京大学大学院理学系研究科博士後期課程
    学位
    博士(理学)
    教員からのメッセージ
    自然の仕組みを解き明かす、それが自然地理学です。
    身の回りの自然は複雑に絡み合いながら、1つの風景をつくり出しています。
    自然の声を科学的に聴きながら、風景誕生の謎を解き明かしましょう。

    教員情報

  • 研究テーマ
    (1)地理情報システムによる空間データの視覚化 (2)地理地図学に関する研究
    主な担当科目
    (1)地理学セミナーⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ (2)フィールドワークⅡ (3)卒業研究 (4)地理情報科学の基礎 (5)地理情報システム論および実習
    学会活動
    ●所属学会
    (1)日本地理学会 (2)地理情報システム学会 (3)日本地図学会 (4)立正地理学会 ●主な役職等
    (1)日本地理学会理事・資格専門委員会委員長 (2)日本国際地図学会評議員
    社会的活動
    (1)(財)地図情報センター理事 (2)熊谷市緑化審議会会長
    最終学歴
    立正大学大学院文学研究科博士後期課程
    学位
    博士(文学)
    教員からのメッセージ
    地理的思考とはどのようなものなのだろう? 地理学科では、こうした疑問に対して、さまざまな答えを用意しています。私が担当する地図学や地理情報科学では、「地図化」というキーワードが、その答えの一つです。
    地理学のユニークさや社会での役立て方について、一緒に学んでいきましょう。

    教員情報

  • 研究テーマ
    (1)移民・エスニック社会 (2)華人(華僑)・チャイナタウン・中国研究
    主な担当科目
    (1)人文地理学概論 (2)アジア・オセアニア地誌 (3)南北アメリカ地誌
    学会活動
    ●所属学会
    (1)日本地理学会 (2)人文地理学会 (3)経済地理学会 (4)地理空間学会 (5)日本地理教育学会 (6)華僑華人学会
    ●主な役職等
    (1)日本地理学会・地域調査士認定委員会委員 (2)人文地理学会・協議員 (3)地理空間学会・会計監査
    最終学歴
    筑波大学大学院博士課程地球科学研究科
    学位
    理学博士
    個人HP
    http://qing-hai.org/
    教員からのメッセージ
    大学で学ぶ地理学は、高校の地理教科書で学んできた「地理」のイメージとは大きく異なります。さまざまな社会問題が地理学の研究対象になります。
    自分の興味関心、特技、キャラクターを積極的に活かせるのが地理学の魅力です。

    教員情報

  • 研究テーマ
    転換期の地域博物館の諸課題と地域の文化遺産の資源化に関する研究
    主な担当科目
    (1)博物館概論 (2)博物館資料保存論 (3)博物館経営論 (4)文化史概論 (5)生活文化史
    学会活動
    ●所属学会
    (1)地方史研究協議会 (2)日本民俗学会 (3)人文地理学会 (4)歴史地理学会
    最終学歴
    中央大学大学院文学研究科博士課程前期
    教員からのメッセージ
    現在日本には5000をこえる博物館があります。
    一口に博物館といっても、美術館、動物園、水族館、植物園なども含まれます。
    そうした施設が、どうしたら私たちにより身近な存在になるか、様々な視点から考えています。

    教員情報

  • 研究テーマ
    (1)流域変更にともなう水環境への影響 (2)大都市圏における気候・水収支研究 (3)スイスにおける水環境 (4)大学生における地図化・GISへの認識調査
    主な担当科目
    (1)地理学セミナーⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ (2)フィールドワークⅠ・Ⅱ (3)卒業研究 (4)デジタル地図の基礎 (5)地図画像処理論および実習
    学会活動
    ●所属学会
    (1)日本地理学会 (2)日本水文科学会 (3)GIS学会 (4)立正地理学会
    社会的活動
    (1)熊谷市環境審議会委員
    最終学歴
    立正大学大学院文学研究科博士後期課程
    学位
    博士(地理学)
    教員からのメッセージ
    水は人間生活にとって、必要不可欠なものです。
    水を扱う学問分野を水文学(すいもんがく)と言います。
    水について興味を持っている方、水の特性や水を活かしたまちづくりや観光について、ぜひ語り合いましょう。

    教員情報

  • 研究テーマ
    (1)農産物産地の生産・流通システムの再編に関する研究 (2)食料・農業・農村問題に関する研究 (3)地理教材化・授業実践に関する研究 
    主な担当科目
    (1)地理学概論 (2)基礎地図学および実習Ⅰ・Ⅱ (3)地域調査法2 (4)フィールドワークⅠ・Ⅱ (5)地理学セミナーI・Ⅱ
    学会活動
    ●所属学会
    (1)日本地理学会 (2)人文地理学会 (3)経済地理学会 (4)日本地理教育学会 (5)東北地理学会 (6)立正地理学会 (7)東京学芸大学地理学会 (8)地理空間学会 (9)全国地理教育研究会 (10)日本フードシステム学会
    主な役職等
    (1)立正地理学会評議員 (2)日本地理教育学会評議員
    最終学歴
    東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科博士後期課程
    学位
    博士(学術)
    教員からのメッセージ
    地理学は、人文・社会・自然科学にまたがる総合的な科学(学問)です。
    私は、農業や工業のようなモノをつくる産業地域(産地)に関する研究と、中・高校での地理授業の教材化・授業実践に関する研究などに取り組んでいます。
    地理学科で専門的な知識・技能を身に付けて、一緒に様々なフィールドに足を運び、地理学的な視点から、複雑な要因で絡み合う地域のしくみや諸課題を解き明かしてみよう! 
  • 研究テーマ
    (1)港湾の変容と地域社会との関係 (2)地域公共交通の活性化
    主な担当科目
    (1)地理学セミナーⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ (2)フィールドワークⅡ (3)卒業研究 (4)交通地理学 (5)流通地域論
    学会活動
    ●所属学会
    (1)日本地理学会 (2)東北地理学会 (3)立正地理学会 (4)日本港湾経済学会 (5)九州民俗学会
    社会的活動
    最終学歴
    立正大学大学院地球環境科学研究科博士後期課程
    学位
    博士(地理学)
    教員からのメッセージ
    地理学を知れば知るほど、その研究対象の幅が広いことに気づきます。
    もしかすると、あなたの「楽しいもの」も地理になるかもしれません。
    自分の「楽しい」を大切にして、楽しく地理学を学びましょう!

    教員情報

  • 研究テーマ
    水産資源の利用・管理と漁業地域の持続性に関する研究
    主な担当科目
    (1)情報処理の基礎 (2)地理学基礎セミナー (3)地誌学概論 (4)地域調査法 (5)流通地域論 (6)人口と地域 (7)地域研究 (8)人文地理学特論 (9)日本地誌
    学会活動
    ●所属学会
    (1)日本地理学会 (2)人文地理学会 (3)経済地理学会 (4)地理空間学会 (5)地域漁業学会 (6)立正地理学会
    主な役職等
    (1)立正地理学会評議員 (2)日本地理教育学会評議員
    最終学歴
    筑波大学大学院生命環境科学研究科博士後期課程
    学位
    博士(理学)
    教員からのメッセージ
    漁業活動に関心を持って調査研究をしています。
    「津々浦々」という言葉の通り、場所や地域によって漁業の姿は様々です。
    みなさんも目・鼻・耳・ときには舌を駆使してフィールドワークをしてみませんか?

    教員情報

  • 研究テーマ
    河川・海浜における砂レキ粒子の生産過程と地形発達
    主な担当科目
    (1)基礎地図学および実習I・II (2)情報処理の基礎 (3)自然計測実習
    学会活動
    ●所属学会
    (1)日本地理学会 (2)日本堆積学会 (3)International Association of Sedimentologists (4)日本地球惑星科学連合 (5)日本第四紀学会 (6)立正地理学会
    社会的活動
    羽村市史編さん委員会第4部会部会員
    最終学歴
    首都大学東京大学院都市環境科学研究科博士後期課程
    学位
    博士(理学)
    個人HP
    https://tk-utsugawa.jimdofree.com/
    教員からのメッセージ
    河原や海浜に行っては、砂や礫に「どこからどうやって来たのかい?」と尋ねています.
    砂礫の“どこからどうやって(=運搬過程)”を丹念に調べ、その手がかりから過去と現在の地形発達を探究していきます。

    教員情報

  • 研究テーマ
    (1)エスニックタウンの形成・変容メカニズムと多文化共生(2)外国人労働者とエスニックビジネス
    主な担当科目
    (1)情報処理の基礎 (2)基礎地図学および実習Ⅰ・Ⅱ
    学会活動
    ●所属学会
    (1)日本地理学会 (2)人文地理学会 (3)経済地理学会 (4)地理空間学会 (5)立正地理学会
    最終学歴
    筑波大学大学院生命環境科学研究科博士後期課程
    学位
    博士(理学)
    教員からのメッセージ
    エスニックタウンをフィールドに、大都市の文化多様性に興味を持って研究を進めています。
    都市がグローバル時代に増大する異質性をどのように再生産し、力に変えていくかに関心があります。
    人文地理学では、度重ねる現地調査を通して、都市空間の裏に潜む多彩なライフスタイルや社会関係を様々なスケールから紐解くことができます。

    教員情報

非常勤講師ほか

2021年度専門科目担当

  • 青山 雅史
  • 亀井 啓一郎
  • 菊池 建太
  • 鈴木 智恵子
  • 鈴木パーカー ジョセフ トリン
  • 平 伊佐雄(兼担)
  • 田村 百代
  • 戸田 真夏
  • 前島 勝憲
  • 松尾 忠直(兼担)
  • 三澤 博