今月の地理写真

海を渡る祭礼

海を渡る祭礼

熊本県天草市河浦町宮野河内の上平地区。対岸の無人島「産島」には産島八幡宮が鎮座する。毎年10月第4土日に行われる産島八幡宮例祭は、ご神体が船で移動することから「海を渡る祭礼」と呼ばれている。例祭の初日は、上平港から神輿を船に乗せて産島へ出発し、産島の本宮で獅子舞や太鼓踊りを奉納して「お下り」になる御神体をお迎えする。続いて、御神体をお迎えした神輿をまた船に乗せて、幾艘もの大漁旗を掲げた漁船が供船となり、船上では太鼓踊りを奉納しながら沖合を3周して上平港に上陸する。上陸後は、神幸行列を組んで集落内を練り歩いて上平十五社宮に鎮座する。さらに上平十五社宮でも獅子舞や太鼓踊りが奉納され、一泊する。翌日には島へ「お上り」になるため、「お下り」と逆の順序で同様の祭礼が行われる。例祭は周辺地区の住民の協力も得て、地域を挙げて行われている。写真は「お下り」に参加するため、産島の桟橋に停泊している漁船群。

(2011/10/01 山田撮影)

撮影場所

壁紙ダウンロード