コロナ禍ではありますが、地理学科では感染対策に十分な注意を払いつつ、野外実習を行いました。ここでは、2020年9月下旬に実施した2年生対象の「フィールドワークⅠH」(島津 弘教授担当)の様子を紹介します。

 当フィールドワークでは、「荒川の地形と水害」をテーマに、荒川の山間部から平野部にかけて、荒川が運んできた石の大きさを調査して、洪水時の流れの強さを実感するとともに、2019年台風19号の洪水時の水位を、国土交通省の観測データや水位が上がった場所までの測量から追体験しました。なお、実習を行うにあたっては、マスクを常に着用し、密にならないように十分に注意しました。

fw1h_photo1
写真1 荒川河川敷での氾濫調査風景
fw1h_photo3
写真2 ハンドレベルを用いた実習風景
fw1h_photo4
写真3 河川礫の調査風景1
fw1h_photo2
写真4 河川礫の調査風景2