本学科の山下清海教授(エスニック地理学・華人社会研究)が先月、「世界の華人社会」に関する取材を受けました。電話でのインタビューに協力したほか、写真やデータ等も提供しています。

 中国からの移民やその子孫を華人と称しますが、その分布はますます拡大しています。また、現代中国を見つめ考えるうえでも大変興味深い対象です。

 山下教授が協力した記事は、熊本日日新聞(7月11日朝刊)、京都新聞(7月18日朝刊)に掲載されたほか、順次全国各地の地方紙に掲載されていくようです。お手にとられた方は、ぜひご一読ください。