10月22・23日に、熊谷市妻沼地区で「第18回 手づくり市」が開催され、地域連携活動の一環として地理学科の学生が参加しました。会場に設置した立正大学ブースでは、学生スタッフが来場者の対応にあたり、観光マップや観光パンフレットなどを配布しました。参加した学生は、地元の方や観光客との交流を通じて、大いに得るものがあったようです。次週10月29日には、道の駅「めぬま」を会場に「えだ豆収穫祭」(主催:妻沼茶豆研究会、後援:立正大学地理学科ほか)が開催される予定で、地理学科の学生が運営補助と観光情報の提供を行います。(担当:片柳 勉)

 

熊谷市妻沼手づくり市 http://www.menumatezukuri.info

妻沼茶豆研究会 http://menumachamame.com

20161025