「ムサシトミヨの住む水辺環境を考える」をテーマとしたエコオアシスアイデアコンテスト(2016年9月22日)において、「立正大学地球にやさしい会」の学生が提案したアイデアが優秀賞を受賞しました。絶滅危惧種に指定され、世界で唯一、熊谷市で生息が確認されているムサシトミヨの保護を、地域活性化との関係で検討したことが評価されました。

 受賞者:「立正大学 地球にやさしい会」木村真夏(環境システム学科3年)・宇佐美貴也(地理学科3年)・保延渉(法学部OB)

20161019-3-1

 

参考:NPO法人エコネットくまがや:http://www.ecokuma.com/eventinformation.htm