地球環境科学部はこれまで培ってきたフィールドワークの取り組みをさらに発展さ せるため、学生が自主的に行うフィールド研究を支援します。 文部科学省「大学教育再生加速プログラム(AP)」の支援のもと、学生による1年 間のグループ研究に対し、20万円まで研究助成金を支給します。

 初回となる2015年度は、学年・学科・ゼミの垣根を越えた8グループから応募があ り、 研究計画書とプレゼンテーションによる審査の結果、次の2件が採択となりまし た。

 「水稲と麦の二毛作地域における生物多様性の特徴」木村真夏(環境システム学 科)ほか2名

 「地図を用いた移動の際に人が参考にする地理情報について」中島健太(地理学 科)ほか3名

 学生ならではの発想力と行動力を発揮し、仲間と協力して問題の解決に挑み、成果 を広く発信していくことが期待されます。