10月19日(日)、1年生むけの「地理基礎巡検(深川・築地地区)」を実施しました。自主的に参加した3名の2年生を加え、参加学生は合計11名でした。例年通り、地理学科同窓会に地理学科の正課科目である「地理基礎巡検」を開放し、卒業生が参加しました。卒業生は遠く北海道・秋田県・山形県などから駆けつけ、計7名が参加しました。
 今回の案内者は、名誉教授の大塚昌利先生。その説明に熱心に耳を傾ける卒業生の姿に学生も刺激され、活気あふれる巡検となりました。
 昼食は、月島のもんじゃ焼きを食べながら、学生と卒業生の交流の懇親会としました。巡検では卒業生と学生が会話する姿が多く見られ、学生にとっては刺激をもらった一日になりました。卒業生からは、在学中にお世話になった大塚先生の巡検に参加でき、地理の巡検のおもしろさを再発見できたとの感想がありました。
 今後も、同窓会の協力を得て、このような機会を継続していきたいと考えています。卒業生・同窓会役員の方々に厚く御礼申し上げます。
(担当者:大塚昌利・松尾忠直)

写真は、巡検の様子です。

20141021