1月20日(金)午後、地理学科エクステンション講座“専門を活かした進路”として、教職講演会を開催しました。教育実習を来年予定している学部3年生や大学院生など、19名の学生が熱心に受講しました。
今回の講師は、群馬県立太田女子高等学校長の矢島宣弘先生(1973年立正大学地理学科卒)をお招きし、「地理教員を目指して-教育実習に向けての準備・心得-」と題してお話いただきました。参加した学生からは、「教育実習での授業の組み立て方が勉強になった」、「教育実習中の実習姿勢や実習生としてのあり方などを再認識した」等々の意見が多く、とても有意義な講演会となりました。貴重なお話をいただきました矢島先生に心より感謝申し上げます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA